稲森いずみ、09年以来「新感線」出演も古田新太と息ピタリ

[ 2016年1月13日 10:15 ]

取材会に出席した(左から)稲森いずみ、古田新太、演出のいのうえひでのり氏

 女優の稲森いずみ(43)と俳優の古田新太(50)が12日、大阪市内で劇団☆新感線春興行「乱鶯(みだれうぐいす)」(4月13~30日、大阪・梅田芸術劇場)の取材会に出席した。

 劇団初の本格派時代劇で、同劇団への出演が09年の「蛮幽鬼」以来となる稲森は「はだしで草履を履く役が初めてだったし、あとはエプロンが」と言い間違えると、古田が「前掛け」と助け舟を出すなど、息もぴったりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年1月13日のニュース