倉持明日香がAKB卒業 父・明氏「これからが本当のスタート」

[ 2015年8月18日 09:10 ]

最後の劇場公演であいさつする倉持明日香(C)AKS

 AKB48の倉持明日香(25)が17日、東京・秋葉原の劇場で最終公演を行い、卒業した。今後、スポーツキャスターへの道を歩んでいくが「AKBにいたから見つかった夢。卒業しても陰ながらAKBを応援していくが、いつか支えられるくらい大きな存在になりたい」と意欲を示した。

 客席では元ロッテ投手の父・倉持明氏(63)が家族とともに娘の8年間にわたる活動の集大成を見守り「AKBで勉強して大人になった。これからが本当のスタート」と今後への期待を示した。

 倉持と親交のある元プロレスラーの小橋建太(48)も初めて劇場公演を観賞。この日は妻で演歌歌手のみずき舞(41)が長女を出産したことを発表しており「良い卒業公演を見ることもできて素晴らしい日になった」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年8月18日のニュース