秋元康氏 朝ドラ主題歌の意図語る さや姉センター「良い機会」

[ 2015年8月18日 15:48 ]

NHK連続テレビ小説「あさが来た」主題歌発表会見に出席した(後列左から)柏木由紀、高橋みなみ、初のセンターを務める山本彩、渡辺麻友、横山由依

 女優の波瑠(24)がヒロインを務める次期NHK連続テレビ小説「あさが来た」(9月28日スタート、月~土曜前8・00)の主題歌がAKB48の「365日の紙飛行機」に決まった。18日、同局で発表された。

 総合プロデューサーの秋元康氏(57)は書面を通じて「今回、AKB48が主題歌を歌わせていただき、とても光栄に思っております」と喜びのコメント。

 秋元氏に制作統括の佐野元彦チーフプロデューサー(CP)が主題歌の依頼をしたのが同作のヒロインが決まった3月頃。「『あさが来た』のスタッフからドラマの内容を聞き、女性の生き方への制限が大きかった時代に“時代”を言い訳にせず、冒険し続けたヒロインの『屈託のない生き方』に興味を持ち、ふと『紙飛行機』という言葉を思い浮かべました。『紙飛行機』は無理に力を入れたり、考えすぎるとうまく飛びません。だけど、上手に飛んだ時は風と友達になるかのように飛んでいきます。この物語のヒロインはきっと屈託なく、人生の空を飛んで行ったのだと思います」とドラマの企画意図に共感し、制作に取り掛かった。

 今回の楽曲は、NMB48の山本彩(22)が初のセンターを務める。「ドラマのプロデューサーとの話の中に、山本彩の成長ぶりが話題になりました。僕の中でも『いつ山本彩をセンターする曲を作ろうかな。いつがいいかな』というのがずっとテーマでした。そしてドラマの内容と考え合わせて、今回が良い機会だと考えました」と山本をセンターに抜擢した理由を説明。「幅広い層の方がご覧になるドラマの主題歌として、さまざまな方がさまざまな時にふっと口ずさんでいただけたら」とメッセージを寄せた。

 ▼「365日の紙飛行機」(選抜メンバー)入山杏奈、柏木由紀、加藤玲奈、木崎ゆりあ、北原里英、小嶋陽菜、児玉遥、指原莉乃、島崎遥香、高橋みなみ、松井珠理奈、宮脇咲良、山本彩、横山由依、渡辺麻友、渡辺美優紀(50音順)

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年8月18日のニュース