ASKA被告自宅は応答なし 夫人は復活支える“覚悟”

[ 2014年7月4日 05:30 ]

ASKA被告保釈

 都内にあるASKA被告の自宅には多くの報道陣が詰めかけたが、ひっそりと静まりかえったまま。インターホンを鳴らしても反応はなかった。

 元アナウンサーの洋子夫人(59)は夫の逮捕後、マスコミの取材を避けるようにしばらく都内のホテルに身を寄せていたが、最近では自宅に戻っている。夫妻の知人は「洋子さんは夫に罪を償わせ、歌手に復帰できるように、心身共に復活できるよう支えていく覚悟を持っているようです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年7月4日のニュース