布袋寅泰 ストーンズ公演に飛び入り「これ以上の幸せはない」

[ 2014年3月7日 05:30 ]

「ザ・ローリング・ストーンズ」のステージに飛び入り参加した布袋寅泰(左から3人目)。左から、ミック・ジャガー、ロン・ウッド、布袋寅泰、チャーリー・ワッツ、キース・リチャーズ

 ロック歌手の布袋寅泰(52)が6日、東京ドームで開かれた英バンド「ザ・ローリング・ストーンズ」の来日公演に飛び入り参加した。

 ライブ中盤、ミック・ジャガー(70)が日本語で「トビキリのスペシャルゲスト!」と紹介し、登場。ギタリストとして7曲目「リスペクタブル」に参加。ロン・ウッド(66)、キース・リチャーズ(70)のギタリスト2人の間で堂々プレー。最後はミックの元へ。マイクスタンドを挟み、顔がぶつかりそうな距離で歌った。

 英国ロックを愛し、12年に移住。昨年開いたロンドン公演をストーンズの関係者が見ており、今回の出演につながった。「ストーンズと一緒にステージでプレーできるなんて、ミュージシャンとしてこれ以上の幸せはない。ロックを愛して、ギタリストになってよかった」。わずか5分間の、至福の時だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年3月7日のニュース