元祖姫系モデルけいこ 帝王切開で出産「意識が朦朧」

[ 2014年3月7日 15:46 ]

 ファッション誌「姉ageha」のモデルけいこ(29)が7日、自身の公式ブログを更新し、6日に帝王切開で第3子を出さんしたことを明かした。

 冒頭「みなさまたくさんの励まし本当にありがとうございました…>_<・・・」と多くの励ましにお礼を述べた。

 続けて「3月6日無事に帝王切開で第3子を出産しました」と報告し、「実際は2100gととても小さかったけど、今は保育器の中で元気に動き回って泣いてくれているそうです」と生まれたばかりの我が子について語った。

 けいこは「私の体調はまだ完全に回復しておらず、意識が朦朧(もうろう)としている」といいつつ、「みなさまの励まし、手術室に移動するまで見ていました。本当にありがとうございました」とファンや関係者に感謝の言葉をつづった。

 ◆けいこ 06年あたりから「カリスマ店長」として多くのメディアで注目され、その傍ら元祖姫系モデルとして「小悪魔ageha」で“けいこ姫”の愛称で親しまれる。09年に「小悪魔~」誌卒業後に同郷の2歳と年上の整体師の男性と結婚し、10年12月に長男、12年6月に長女を出産。現在は「姉ageha」のモデルほか、テレビ番組に出演するなどママモデルとして活躍の幅を広げている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年3月7日のニュース