松居一代と天野ひろゆきがトップ 財テクのイメージ強く

[ 2014年3月7日 05:33 ]

 やりくり上手な有名人は、女性なら松居一代、男性なら天野ひろゆきと――。4月の消費税増税を前に、節約生活術がクローズアップされているが、お金に縁のありそうな芸能人や著名人が注目を集めているようだ。

 ポイントサイト「ハピタス」を運営するオズビジョン(東京都千代田区)が、インターネットショッピングを利用している20歳から59歳の男女300人を対象に行った、インターネットリサーチで「家計のやりくりが上手そうだと思う芸能人は?」という問いに、41・5%がタレントの松居一代(56)を挙げ、1位に選ばれた。「投資で大儲けした芸能人」として話題になっているイメージが後押しし、2位の元プロレスラーでタレントの北斗晶の36・6%を上回った。

 男性ではお笑いコンビ「キャイ~ン」の天野ひろゆき(43)がトップで21・3%。2位のタレント、つるの剛士(38)の10・4%を大きく引き離した。天野は2月に結婚を発表。その際に資産数億円とも報じられ、マンションの賃貸料株投資で資産を運用していることが判明。昨年11月には「ウドちゃんでもわかるマネー芸人・天野っちの『アマノミクス』的蓄財術」という財テク本も出版している。

 リサーチでは全体の94%が節約を「とても意識している」「ある程度意識している」「やや意識している」と回答。節約の目的については、世帯年収で1位に違いがあり、「300万円未満」「300万~500万円未満」では「生活費を確保するため」が60%を超え、「500万~800万円未満」「800万円以上」では「貯金」となっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年3月7日のニュース