×

巨人・中田翔が今季2本目、通算7本目の満塁弾! 2戦連発は今季初 巨人が5点差をひっくり返す

[ 2022年5月14日 16:58 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2022年5月14日    東京D )

<巨・中>7回、逆転満塁弾を放つ中田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 巨人の中田翔内野手(33)が中日戦(東京D)で今季初の2戦連発、今季2本目で通算7本目となる満塁アーチを放った。中田の本塁打は今季4号で、この一撃が最大5点差をひっくり返す逆転弾となった。

 中田は「5番・一塁」で先発出場。2―5で迎えた7回だった。ポランコの適時打二塁打で1点返し、3―5。前を打つ4番・岡本和が2球連続ボールの後で申告敬遠され、1死満塁で入った第4打席だ。相手3番手右腕・祖父江がカウント1―1から投じた3球目、真ん中付近にきたスライダーを見逃さず叩くと、打球は左翼スタンドへ一直線。大歓声とどよめきが入り混じる中、中田にとって今季2本目の満塁アーチとなった。スタンドもベンチも大騒ぎ。満面に笑みを浮かべた中田がベンチに戻ると、巨人ベンチはお祭り騒ぎとなった。

 中田は前日13日に行われた中日戦(東京D)で4回無死一、二塁からプロ15年目、通算6245打席目で初犠打をマーク。次の打席となった6回に中前打を放った後、3―2で迎えた8回に1軍復帰後初となる3号2ランを放っていた。

 中田はこの3号が4月3日の阪神戦(東京D)で初回に先発右腕・ガンケルから放った通算6本目となる2号満塁アーチ以来40日ぶりの一発。登録抹消中にイースタン・リーグでは9試合に出場して打率・241ながら4本塁打&8打点、雨天ノーゲームも含めると10戦6発と持ち前の長打力をいかんなく発揮していたが、1軍でもその力を存分に見せつけた。

 ▼中田 みんながつないでくれたので何とかしたい一心でした。最高の結果になって興奮しています。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月14日のニュース