×

阪神・浜地 今春最長3回を1失点でマルチぶり発揮 矢野監督も「先発というのもなくはない」

[ 2022年3月7日 05:30 ]

オープン戦   阪神3-1楽天 ( 2022年3月6日    甲子園 )

<神・楽>5回から2番手で登板する阪神・浜地(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 マルチな力を感じさせる力投だった。阪神の2番手、浜地が今春最長となる3回を3安打1失点。起用の幅を広げる内容でアピールした。

 「取りたいところでストライクが取れなかったことは課題として出てしまったのかなと思います」。反省の言葉が口をついて出たものの、粘った。最速146キロの直球を主体にカーブ、スライダー、パームも織りまぜ緩急を駆使。6回2死二塁のピンチも島内を左飛に仕留めた。

 7回は2つの暴投が絡んで失点も最後まで連打は許さず。「(暴投も)公式戦でやってしまうと、すごくもったいない投球。ただ、自分としてできたこともあったので続けていきたい」。この日の起用法について矢野監督は「先発というのもなくはない」と説明。中継ぎ、先発両方の起用に耐える6年目右腕がチャンスを生かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年3月7日のニュース