×

通算216勝のシリング氏は差別的発言影響か、ソーサ氏、Aロッド氏も得票足らず

[ 2022年1月27日 05:30 ]

米国野球殿堂

レッドソックス時代のカート・シリング氏(06年7月撮影)(AP)
Photo By AP

 米国野球殿堂は25日(日本時間26日)、今年の殿堂入りメンバーを発表し、レッドソックスなどで通算541本塁打を記録したデービッド・オルティス氏(46)が唯一選出された。

 資格最終10年目だったカート・シリング氏は58・6%、サミー・ソーサ氏は18・5%で落選した。シリング氏は通算216勝ながら昨年1月にはトランプ前大統領の支持者らによる連邦議会議事堂襲撃を擁護するなど、これまで差別的な発言が問題視されていた。この日は自身のツイッターでレッドソックスで同僚だったオルティス氏の当選を祝し「今年は選ばれた人に注目すべきだ」とつづった。今年から候補入りした通算696本塁打のアレックス・ロドリゲス氏は34・3%で落選した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月27日のニュース