×

大谷翔平 最終戦初回に11試合ぶり46号ソロ!ペレスに2本差 前人未到の投打5部門100超え達成

[ 2021年10月4日 04:00 ]

ア・リーグ   エンゼルス―マリナーズ ( 2021年10月3日    シアトル )

<マリナーズ・エンゼルス>初回無死、大谷は右越え46号ソロを放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は3日(日本時間4日)、今季最終戦となる敵地シアトルでのマリナーズ戦に「1番・DH」でスタメン出場。第1打席に11試合ぶりの本塁打となる46号ソロを放ち、日本人選手としては07年の松井秀喜以来14年ぶりとなるシーズン100打点をマーク。前人未到の投打5部門(投球回、奪三振、安打、得点、打点)での100超え「クインタプル100」を達成した。本塁打王争いでは、トップのサルバドール・ペレス捕手(31=ロイヤルズ)には2本差に迫った。

 初回の第1打席で1ボール1ストライクからマ軍先発左腕アンダーソンの内角球を完ぺきに捉える右越え46号ソロアーチ。打球速度は約182キロ、飛距離は約127メートルで打球角度は20度。21日(同22日)のアストロズ戦以来11試合ぶりの本塁打となった。この日までにメジャー史上初めて同一年に投手として100投球回、100奪三振、打者として100安打、100得点に到達しており、これで100打点を加えて5部門で100の大台に乗った。

 2回1死二塁の第2打席は、リーグトップとなる今季19個目の申告敬遠。シーズン95四球はリーグ3位で、日本人選手シーズン最多をさらに更新した。

 本塁打王争いでは、リーグトップ48本のペレスに2本差、2位で47本のウラジミール・ゲレロ内野手(22=ブルージェイズ)に1本差とした。00年トロイ・グラースの47本の球団記録にもあと1本に迫った。

 前日2日(同3日)の同カードは2打数無安打2四球で、シーズン94四球と日本人選手最多四球。この試合までの打席成績は154試合で534打数137安打99打点、45本塁打、26盗塁で打率・257になっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月4日のニュース