ヤクルトの先発は18日・小川、19日・スアレスに変更

[ 2020年10月17日 16:21 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2020年10月17日    甲子園 )

ベンチからグラウンド状態をうらめしそうに見るスアレス(中央)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは17日の阪神戦は雨のため中止になった。18日の同戦は小川が先発し、この日登板予定だったスアレスは、中1日を空けて19日に代替開催となる同戦に変更となった。

 午後2時開始を遅延し、1時間30分待ったが雨脚が弱まらないという判断で断念した。

 気温も14度程度まで下がっており、高津監督は「雨の中やって体調崩してもね。大変なのはスアレスだけだと思う」と気遣った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース