中日 R・マルティネスが“江夏超え” セ新記録の登板24イニング連続奪三振

[ 2020年10月17日 18:21 ]

セ・リーグ   中日5―2広島 ( 2020年10月17日    マツダ )

<広・中>最後を締めセーブを挙げたR・マルティネス(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 江夏を超えた。中日のR・マルティネスが3点リードの9回に登板。三者凡退に封じチームを7連勝に導き「勝ってる場面で投げさせてもらっているので、勝利で試合を終わらせることができて良かった」と笑みを浮かべた。

 ついに阪神・スアレスを抜き、リーグトップの21セーブ。「(タイトルは)もちろん取ることができれば、とても嬉しいが、それは終わってからついてくる記録なので、1試合1試合集中して投げるだけだよ」と話した。

 セーブ数もさることながら、菊池涼、大盛、長野を3者連続三振に仕留め、8月9日の巨人戦から登板24イニング連続奪三振を記録。これは68年の阪神・江夏の23イニングを上回るセ・リーグ新記録で竜のカリビアンクローザーがついに伝説左腕を抜いた。

 ちなみに日本記録は15年サファテ(ソフトバンク)の43イニングで、2位は02年張誌家(西武)の28イニング。

 R・マルティネスはどこまで記録を伸ばせるか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース