広島・野村が右鎖骨下静脈血栓症除去の手術 15日巨人戦で2回緊急降板

[ 2020年10月17日 12:07 ]

広島・野村(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 広島は17日、野村祐輔投手(31)が16日に広島市内の病院で右鎖骨下静脈血栓症除去の手術を受けたと発表した。今後の予定は未定。

 野村は今季7勝目を懸けて先発した15日の巨人戦(東京D)で、2回33球を投げ終えたところで降板。翌16日に出場選手登録を抹消されていた。

 今季はここまで13試合に先発し、6勝3敗、防御率4・58。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース