DeNA・大和 雪辱V打!「何とか走者を還す打撃がしたいと」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―1巨人 ( 2020年10月16日    横浜 )

<D・巨>8回、右適時二塁打を放つ大和(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの大和が試合を決めた。8回に佐野の一発で同点とし、なお2死二塁から右翼線に決勝二塁打。4回1死満塁では空振り三振に倒れていただけに「しょうもない三振をしていたので、何とか走者を還す打撃がしたいと思っていました」と安どした。

 右膝蓋(しつがい)骨挫傷から4日に復帰したベテランは、お立ち台で「連勝を続けていければと思います」と頼もしかった。

 ▼DeNA・井納(7回無失点も約1カ月ぶりの白星はお預け)カウントを悪くして打者有利になっても、一球一球、辛抱強く投げることができました。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月17日のニュース