福岡大、最終日待たずに58回目優勝決定 九州六大学野球

[ 2020年10月17日 20:42 ]

九州六大学野球第5週1日目 ( 2020年10月17日    西南大田尻 )

<北九大・福岡大>最終日を待たずに1年半ぶりの優勝を決めた福岡大の堀監督(前列中央)とナインは笑顔
Photo By スポニチ

 3試合が行われ、福岡大は主将・永江大樹(3年)が2本の長打で打線を引っ張り、先発・村上幸人(2年)が1失点完投。4―1で北九大を下し、通算8勝1敗で最終日を待たずに19年春以来1年半ぶり58回目の優勝を決めた。福岡大は11月7、8日の九州学生野球選手権に出場する。

 ▽17日の結果
福岡大4―1北九大
西南大5―4九大
久留米大6―2九国大

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月17日のニュース