ロッテ コロナから復帰の角中は先発で3の0 和田は守備固めで出場

[ 2020年10月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―1日本ハム ( 2020年10月16日    ZOZOマリン )

<ロ・日>6回無死二塁で角中は走者を進める右方向への内野ゴロ(撮影・長久保豊)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに集団で感染したロッテの8選手中、角中、鳥谷、清田、4日に感染が判明した岩下の濃厚接触者と特定されていた和田の4選手が1軍復帰。試合前に井口監督は「(2軍から)体調がいい選手、戻っていない選手の報告が来た。状態のいい選手は何人か1軍に上げます」と語っていた。

 角中は「7番・DH」で先発出場し3打数無安打。和田は9回に守備固めで出場した。同じく感染した藤岡と菅野、岩下の濃厚接触者とされた山本と東妻は2軍練習に合流した。

 【ロッテのコロナ禍経過】

 ▼10月4日 岩下とスタッフ1人のコロナ陽性を発表。

 ▼同6日 角中、藤岡らの主力7選手と伊志嶺コーチ、スタッフ3人のコロナ陽性を発表し、濃厚接触者4人を含め11人の出場選手登録を抹消。松本球団本部長は9月29日~10月1日の札幌遠征について「誰も外食に出ていない」とヒアリングの結果を報告。

 ▼同7日 岡と1軍のチームスタッフ2人が岩下の濃厚接触者に認定。

 ▼同9日 1軍のチームスタッフ1人が陽性判定。

 ▼同15日 松本本部長が週刊誌の報道を受け、「(遠征中の会食は部外者を含まない)4人以内という(球団独自の)ルールを破った選手はいない」と発言を訂正。岩下、鳥谷、荻野、清田、三木の5人が隔離期間を終え、2軍練習に合流。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース