阪神・藤川 1軍合流後初の甲子園もベンチ外 矢野監督「万全の状態じゃない」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5―0ヤクルト ( 2020年10月16日    甲子園 )

 今季限りでの現役引退を表明している阪神の藤川が1軍合流後では初の甲子園での一戦はベンチ入りメンバーから外れた。試合前練習ではキャッチボールは行わなかったが、状態に変化はなかった。球場には藤川のユニホームを着用したファンも多く詰めかけたが姿を見ることはできなかった。

 「万全の状態できているのかというとそうじゃないので、そういうところの様子を見ながらね。そこは話をしていきながら、今日みたいに外していくこともある」。試合後に矢野監督は意図を明かした。現在1軍には中継ぎ投手が10人おり、ベンチ入りは9人を基本とする。前日15日の中日戦では藤川がベンチ入りした一方で、谷川が外れていた。残り20試合。虎党は最後の勇姿を見ることを心待ちにしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース