阪神・井上の母・貴美さん「甲子園で打ててよかったなと思います」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5―0ヤクルト ( 2020年10月16日    甲子園 )

<神・ヤ>お立ち台で梅野(左)、西勇(右)ガッツポーズを見せる井上(代表撮影)
Photo By スポニチ

 【阪神・井上の母・貴美さんに聞く】

 ――ようやくプロ初安打が出ました。

 「素直にうれしいですね。自宅で小学6年の弟の祝榮(しゅうえい)と一緒にテレビで観ていて、ヒットになった時には喜んでいました」

 ――プロ初先発以降、連絡はしましたか?

 「ちょくちょくはしましたね。本人もやっぱり1軍はレベルが高いと言っていたんですが、それでも頑張ると前向きに言っていたので、甲子園で打ててよかったなと思います」

 ――プロでどういう選手になっていってほしいですか?

 「1軍の試合に出てレベルの高さも分かったと思うので、これからいろいろ勉強してやってくれると思うので、頑張ってほしいですし、応援していきたいと思います」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース