明大“師弟対決” 先輩の中日・柳が初回から失点

[ 2020年10月17日 14:24 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2020年10月17日    マツダ )

<広・中(19)>力投する先発の柳(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 先輩が立ち上がりから苦しんだ。中日・柳が初回2死から鈴木、松山、西川に3連打を浴び、先制点を許した。

 鈴木誠にカーブを中前へ運ばれると、続く松山には初球を狙われ中前打で一、三塁。さらに西川にもカーブを左翼線二塁打とされ、三塁走者の鈴木誠が生還した。

 柳と相手先発・森下は明大の先輩、後輩関係で、柳が主将を務めた4年時、1年の森下と寮で同部屋だった。

 後輩の森下は初回を三者凡退と安定した立ち上がりを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース