ロッテ・藤原 史上3人目プロ1、2号が初回先頭打者本塁打 高卒では初

[ 2020年10月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―1日本ハム ( 2020年10月16日    ZOZOマリン )

<ロ・日>1回裏、先頭の藤原が右越えに先制ソロ(撮影・長久保豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの藤原(ロ)が初回にプロ2号となる先頭打者本塁打。14日の楽天戦での初本塁打も初回先頭でマーク。プロ1、2号が初回先頭打者本塁打は53年栗木孝幸(毎日)、08年赤松真人(広島)に次いで史上3人目。パおよび球団では67年ぶり2人目となった。栗木、赤松はいずれも大卒で、高卒では藤原が初めてだ。なお、3号まで初回先頭打者弾となれば史上初となるがどうか。

 【初回先頭打者本塁打アラカルト】

 ☆歴代 福本豊(阪急)が43本で歴代1位。通算本塁打は208本。盗塁も歴代最多の1065記録しており俊足とパンチ力を備えた1番打者だった。2位は真弓明信(阪神など)の41本。3位は高橋慶彦(広島など)の34本。ロッテの最多は西岡剛で17本。

 ☆シーズン 07年に高橋由伸(巨)が記録した9本が最多。パでは8本がトップで72年福本、86年石毛宏典(西)、96年デューシー(日)、09年西岡の4人がマークしている。

 ☆チーム別 16日現在で初回先頭打者本塁打は通算2017本。球団別の最多は広島で221本。以下、巨人197本、西武196本、阪神174本と続く。ロッテは160本で5位。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース