ブレーブス 21年ぶりWS進出に王手!新人投手の3戦連続先発はPS史上初

[ 2020年10月17日 02:30 ]

ナ・リーグ リーグ優勝決定シリーズ第4戦   ブレーブス10―2ドジャース ( 2020年10月15日    アーリントン )

ドジャースに勝利し喜ぶブレーブスナイン(AP)
Photo By AP

 ブレーブスが99年以来21年ぶりのWS進出に王手をかけた。

 今季1勝の新人右腕ウィルソンが6回1安打1失点。サイ・ヤング賞3度の最強左腕カーショーに投げ勝った22歳は「投げ合えて光栄だったし、勝利に貢献できてうれしい」と笑った。第2戦のアンダーソンから、前夜のライトに続いて、3戦連続で新人投手が先発したのはPS史上初めて。ブライアン・スニトカー監督は「ワオとしか言いようがない」と目を細めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月17日のニュース