ダイヤモンドバックスのS・マルテ外野手に悲報 妻が心臓発作で急死

[ 2020年5月19日 12:42 ]

パイレーツからダイヤモンドバックスに移籍したS・マルテ外野手(AP)
Photo By AP

 大リーグ・ダイヤモンドバックスのスターリング・マルテ外野手(31)が18日、ノエリア夫人が心臓発作で急死したことをインスタグラムで明らかにした。AP通信によればマルテは「妻の突然の死を公表することはとてもつらい。私の家族を見守って支えてくれている人たちに感謝したい」とコメント。これを受けてダイヤモンドバックス側は「深い悲しみに包まれています。スターリングは私たちの家族の一員。彼と子どもたちにできる限りの支援をしていく」と哀悼の意を示した。

 ドミニカ共和国出身のマルテ外野手は昨季までパイレーツに8シーズン在籍。953試合に出場して打率・287、108本塁打という成績を残し、ゴールドグラブ賞も2回受賞した。ダイヤモンドバックスは前西武の秋山翔吾外野手(32)の獲得に動いていたが失敗(レッズへ入団)。これを受けてトレードで同外野手をパイレーツから譲り受けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月19日のニュース