阪神 自主練習から全員参加の“分離練習”へ 首脳陣も合流

[ 2020年5月19日 11:26 ]

 阪神は19日、4月15日から続けていた自主練習を「分離練習」に変更したと発表した。これまで選手は決められた時間内での自由参加、矢野監督をはじめ首脳陣は不参加だったが、この日からは投手が午前、野手が午後と振り分けられた中で選手は基本的に全員参加となった。また、首脳陣も合流し、選手の状態を確かめることになった。

 最短6月19日とされるシーズン開幕に向けて、ステップを踏んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月19日のニュース