NPB 台湾、韓国のマニュアル参考に「開幕」ガイドライン作成中 22日の12球団代表者会議をめどに

[ 2020年5月19日 05:30 ]

 日本野球機構は既に開幕している台湾、韓国のマニュアルなども参考にし、独自のガイドライン作成を急いでいる。

 70ページ以上の初稿はあがっており、専門家チームらと相談を重ねて12球団代表者会議などが行われる22日をメドに完成を目指している。前日には大リーグ機構が対策ガイドラインを選手会へ提出し、禁止事項なども報じられたが「メジャーのガイドラインは入手していない。台湾、韓国からはご提供いただいたので、まずはそれらを中心に独自のガイドラインをつくっている」と井原敦事務局長。最短6月19日を目標に6月中の開幕を目指しており、対策案をまとめる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月19日のニュース