巨人守護神期待のデラロサ 捕手座らせ30球「実戦へ準備するだけ」、ビエイラも順調

[ 2020年5月19日 18:20 ]

巨人・デラロサ
Photo By スポニチ

 巨人のルビー・デラロサ投手(31)が19日、東京ドームで行われた1軍練習でブルペン入りし、座った捕手に30球を投げ込んだ。

 打席にブルペン捕手を立たせて感触を確認。守護神として活躍が期待される右腕は「すごく良かったね。体の状態もいいし、実戦に備えて準備するだけだね」と見据えた。

 新外国人のチアゴ・ビエイラ投手(27)もブルペン入り。座った捕手に23球を投じ「この1週間でだいぶペースを上げているけど、順調。体調もすごく良いし、この先がすごく楽しみだよ」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月19日のニュース