日本ハム・栗山監督 「禅」は急げ?心整えるため整理整頓

[ 2020年4月8日 05:30 ]

キッズお絵かきコンテストのTシャツを着用し、生活拠点を置く「栗の樹ファーム」でインターネット電話「スカイプ」を通じて取材対応する日本ハム・栗山監督(球団提供)
Photo By 提供写真

 日本ハムの栗山監督が、心を整えるために自宅の掃除や整理を行っていることを明かした。生活拠点を置く北海道栗山町の「栗の樹ファーム」でインターネット電話「スカイプ」を通じて取材対応した指揮官は、外出禁止中に「禅」の本を読んでいるとし「なぜ禅僧が掃除をするか、なぜそれが修行なのかという意味がふに落ちた」と部屋の掃除や本棚に並ぶ本を整理して心を整えているという。

 「組織は大将の器にしか大きくならないとよく言われる。学べば学ぶほどまだ足りていないと気づく」と栗山監督。選手には「人として成長しようと思えば、何となくぼーっとしたりとかそういう過ごし方はしていないと信じている。それぞれの選手が人として成長する時間になるはず」と人間としての成長を求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月8日のニュース