ヤクルト 五輪延期受け主催11試合を神宮に変更

[ 2020年4月8日 05:30 ]

神宮球場
Photo By スポニチ

 ヤクルトは東京五輪の延期を受け、期間中に予定していた東京ドームでの主催11試合を本拠地・神宮球場での開催に変更することが7日、分かった。球団幹部は「(11試合分は)神宮に入れることになる」と話した。

 神宮球場は東京五輪の資材置き場などで利用されるため、7月7日から9月6日の11試合を東京ドームで行うことになっていた。東京五輪が1年程度の延期となり、来季、神宮球場が使用できない期間が生まれる可能性が高いが、その場合は再度、東京ドームで主催試合を行うことを検討する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月8日のニュース