阪神 緊急事態宣言の場合は練習再開時期など他球団動向うかがう

[ 2020年4月6日 17:39 ]

阪神の谷本球団本部長
Photo By スポニチ

 阪神の谷本修球団本部長(55)は6日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が出された場合の対応についてコメントした。「当球団は今のところ全面休止しているので、緊急事態宣言が出たからといって影響は受けないですけども、各球団さんの姿勢を見ながら、後からついていきますと返事をしておきました」。現在、藤浪ら3人の感染者がいることからチームは活動を停止している。今後については他球団の動向を見ながら慎重に活動再開時期などを判断していく。

 また、球団職員は9日から通常業務を再開する予定だが、緊急事態宣言の対象が大阪、兵庫も含まれることを踏まえ、球団広報は「検討はしないといけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース