MLB リモートスカウトOKに 今年のドラフトに向け規制緩和

[ 2020年4月6日 05:30 ]

 大リーグ機構が今年のドラフト会議に向け、電子機器を利用したスカウト活動を可能にすると4日(日本時間5日)、スポーツ専門局ESPNが報じた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で各球団のスカウト活動は停止。従来のルールでは各球団は選手サイドと連絡を取ることができなかったが、今後はテレビ電話やメールを通じて代理人や選手とやり取りし、映像などのデータ収集ができるようになる。6月に予定されていたドラフト会議は、7月への延期が濃厚となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース