対応追われる大学野球リーグ 中国地区大学L、九州地区大学Lだけ開幕

[ 2020年4月6日 05:30 ]

神宮球場のグラウンドで会見する東京六大学野球連盟・井上崇通理事長(左から2人目)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京六大学野球連盟は5日、神宮球場で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今月11日だった春季リーグ戦の開幕を5月下旬に延期し、試合方式を従来の勝ち点制から1試合総当たりの勝率制に変更して準備することを決めた。1カ月以上の大幅な開幕延期は初で、1試合総当たりで開催されれば戦後初めて行われた1946年春以来、実に74年ぶりとなる。

 各大学野球連盟の春季リーグは延期決定が相次いでいる。この日も愛知大学野球連盟は25日に予定していた開幕を再延期し5月23日以降を目指すと発表。九州六大学野球連盟は11日に予定されていた開幕を延期するとした。また、2回戦制から1回戦制に短縮して行うことを公表している札幌学生は5月19日に延期していた春季リーグ戦開幕を6月下旬に再延期、無観客で行うと発表した。現状で開幕しているのは、4日に開幕した中国地区大学と、沖縄地区予選が3月27日に開幕した九州地区大学だけとなっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース