関西六大学野球 春季リーグ開幕を再延期、今月25日から5月下旬へ

[ 2020年4月6日 16:54 ]

 関西六大学野球連盟の春季リーグ戦開幕が再延期されることが6日、決定的となった。学生の新型コロナウイルス集団感染が判明した京産大がこの日、今月12日までとしていた課外活動の禁止期間を5月10日まで延長することを発表。今月25日に開幕予定だったが、5月下旬まで大幅に再延期される見込みとなった。

 同連盟は新型コロナウイルス感染拡大を受け、開幕を当初の4月4日から同25日に延期することを決定。感染状況などを見極めてきたが事態の終息は見えず、現状で京産大に加え、龍谷大、大院大などが活動を停止している。森川敏朗理事長は「ある程度の予測はしていたが、厳しい状況。球場の確保を含めて、様々なパターンを考えておきたい」と話した。来週中にも各大学と会議の場を持ち、善後策を協議する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース