中国六大学野球 春季リーグ第2週開催できず、新型コロナ拡大防止で球場閉鎖

[ 2020年4月6日 16:46 ]

 中国地区大学野球連盟は6日、中国六大学野球春季リーグ戦の第2週(11、12日)のカードを開催する予定だった球場が使用できなくなったことから、リーグ戦を行うことができない旨をホームページ上で告知した。今後については検討の上、決定していくとしている。

 会場の津田恒実メモリアルスタジアムがある山口県周南市の新型コロナウイルス対策本部がこの日、感染拡大防止のため5月10日まで市(周南市体育協会)が管理する体育施設を閉鎖することを決定。使用予定の団体などに通知した。

 中国地区大学野球連盟の1部リーグにあたる中国六大学野球は感染防止対策を施した上で、4日に観客170人を入れて開幕。5日までの第1週を大きな混乱なく消化したが、決行わずか3日で壁に直面した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース