六大学 1試合総当たり制に明大・田中監督「起用法変わっていく」

[ 2020年4月6日 05:30 ]

神宮球場のグラウンドで会見する東京六大学野球連盟・井上崇通理事長(左から2人目)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京六大学野球連盟は5日、神宮球場で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今月11日だった春季リーグ戦の開幕を5月下旬に延期し、試合方式を従来の勝ち点制から1試合総当たりの勝率制に変更して準備することを決めた。1カ月以上の大幅な開幕延期は初で、1試合総当たりで開催されれば戦後初めて行われた1946年春以来、実に74年ぶりとなる。

《慶大・練習、対外戦自粛》
 練習、対外試合はともに自粛中
 ▼堀井哲也監督 選手の安全面と健康が最優先事項。それを第一に考えています。社会人野球(昨冬までJR東日本監督)出身だから1戦必勝は得意とか、そこまで頭が回っていません。

《早大・同時練習を30人に制限》
 5日まで練習自粛。6日から再開も、同一時間帯でのグラウンド練習は30人以内に制限。
 ▼小宮山悟監督 今後の実戦は紅白戦になるだろうけど、ウチは(2チーム分の)人数が集まってできるかどうか。ある程度はしようがない。

《明大・練習は現状通常どおり》
 練習は大学と連携を取り通常実施。土、日曜は部内紅白戦(紺白戦)を開催。
 ▼田中武宏監督 (試合で)使いたい選手はたくさんいたが、起用法は変わっていくと思う。4年生は進路も関わるので気の毒だと思うが縮小しても開催したいというのが全員の思いです。

《法大・個人トレは可能だが…》
 個人トレーニングは可能も、全体練習はできていない。対外試合は自粛中。
 ▼青木久典監督 スケジュールがいつもと異なるので戦い方は練り直さなければ。試合数が少なくなるので、与えられるチャンスが少なくなる。学生が気の毒だと思う部分もある。

《立大・練習時間短縮&時間差》
 練習時間を短縮した上でグループに分け、時間差をつけて実施している。
 ▼溝口智成監督 日程や組み合わせも決まっておらず難しい。世の中は非常時ですけど、六大学を開催の方向で努力していただけるのはありがたいと思います。

《東大・当面は自主トレで調整》
 都内の外出自粛要請が出た3月27日から練習自粛。当面は自主トレで調整。
 ▼井手峻監督 (1試合総当たりは)仕方ないこと。1946年春は東大が2位になって、当時の先輩たちからはいろんな話を聞いた。前向きに捉えたい。開幕に向けてしっかり調整したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース