阪神 若手選手がインスタで「絵しりとり」 岩貞の絵心に驚き「上手すぎてわろた」

[ 2020年4月6日 05:30 ]

阪神・岩貞がインスタグラムで描いた「たんぽぽ」

 自宅待機の続く阪神の若手選手の間でインスタグラムを活用した「絵しりとり」の企画が進行し、ファンの間では若虎の絵心を垣間見る貴重な機会になっているようだ。

 「絵しりとり」は言葉ではなく自筆のイラストでつなげるのが条件。インスタグラムのストーリーズ機能を使って指名された選手は絵を描き、次に複数選手を指名する。18年まで阪神に在籍したオリックス・竹安の「車」からバトンを託された高橋は4日に赤の背景に黄色のMで「マクドナルド」、次の湯浅はたこ焼き!?にも見える「ドーナツ」を描いた。

 高野の「ツイッター」を挟み、目を引いたのは岩貞の記した「タンポポ」だ。花びらまで丁寧に表現した逸品にファンから「画力強すぎ」「岩貞くんタンポポ上手すぎてわろた」と称賛の声が相次いだ。驚くことに岩貞は次の描き手として谷川、江越らとともに本紙虎番を指名。絵心に自信はなく苦心の末に「ポンタ」を何とか完成させると“岩貞画伯”からは「ボチボチですね」とメッセージが届いた。

 以降も北條が「ポケットモンスター」、江越が「たんこぶ」、新人の西純も参戦して「月」を書くなど個性あふれる作品が次々に登場。チームは活動休止でも選手同士の「つながり」や「関係性」がうかがえる“猛虎ギャラリー”は大盛況だった。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月6日のニュース