阪神 コロナ感染判明 藤浪同僚2選手は伊藤隼と長坂 14日に12人で食事会

[ 2020年3月27日 14:30 ]

阪神の伊藤隼太選手(左)と長坂拳弥捕手
Photo By スポニチ

 阪神は27日、藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3人が26日に大阪府内の病院でPCR検査を受け、新型コロナウイルス陽性が確認されたと発表した。NPBの選手が同ウイルスに感染するのは初めて。

 13時から甲子園球場室内練習場で揚塩健治球団社長(59)が会見に臨み、前日に検査受診を発表していた藤浪以外の2選手の実名も公表。3人ともに陽性判定となり「残念ながら陽性の判定が出ましたことを報告いたします。現在、感染拡大防止のために国民を挙げて取り組んでいるさなか、そしてプロ野球の公式戦開幕に向けて期待しているファンの皆様方、関係者の皆様方に対しましては、不安、ご心配をおかけしまして誠に申し訳ありません」と謝罪した。

 最初に藤浪が嗅覚に異変を感じ、24、25日に複数の病院で受診した後にPCR検査を受けることを決断。それに伴い、球団が過去2週間の行動をヒアリングした結果、14日に伊藤隼、長坂を含む選手7人と外部の人間5人と会食していたことが判明した。伊藤隼、長坂も藤浪のPCR検査受診が決定後に、味覚に異常があることを報告し、3人とも同検査を受けた。

 球団は26日深夜に陽性判定が出る前の時点で、選手、スタッフ、球団職員の1週間の自宅待機を決定済み。期間延長など今後の対応について揚塩社長は「状況によって判断していきたい。この1週間が延びるかもしれませんし、その辺は保健所の方、地域アドバイザー、医師、いろんな方のお知恵を借りながら善処していきたい」と話した。

 3人のうち、藤浪、伊藤隼はすでに症状が回復しており、藤浪の症状が出る前の18日に発熱で練習を欠席していた(風邪と診断)長坂は、まだ味覚、嗅覚に少し自覚症状が残存しているという。寮生の長坂は27日の早朝3時に兵庫県内の入院。藤浪、伊藤隼もこの日の午後に保健所の指示で大阪府内の病院に入院した。

 3人以外にも食事に同席していた選手もおり、今後さらに感染者が発覚する可能性もある。4月24日開幕を目指す球界全体にも多大な影響を与えることになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月27日のニュース