DeNA・井納 先発で2回1失点、1カ月ぶり実戦に「やりたいことできた」カットボール手応え

[ 2020年3月27日 17:46 ]

2軍練習試合   DeNA12―3BC神奈川 ( 2020年3月27日    DOCK )

<練習試合 DeNA・BC神奈川>力投するDeNA先発の井納(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の井納翔一投手は2回4安打1失点だった。

 約1カ月ぶりの実戦登板を「良いとは言えないが、やりたいことはしっかりできた」と振り返った井納。実戦で投げるのはほぼ初めてというカットボールも投じ、手応えを得た。

 昨年のフォームを振り返り「肘に不安のある投げ方をしていた。イニング数をたくさん投げていた頃のフォームに戻した」と試行錯誤を重ねて投げっぷりの良さも復活。決め球のフォークも生きている。

 開幕が延期となっていることで「まだ先発枠が全員決まったわけではない。そこを狙っていく」。実績十分の右腕が、その座を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月27日のニュース