ヤクルトドラ3・杉山、156キロ零封 自己最速を2キロ更新「思い切り投げた」

[ 2020年3月5日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト1-8ソフトバンク ( 2020年3月4日    ペイペイD )

ソフトバンクとのオープン戦の5回、4番手で登板したヤクルトの杉山(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト3位・杉山(創価大)が156キロをマークした。

 5回から4番手で登板。先頭の松田宣への0―2からの3球目は外角高めに抜けたが自己最速を2キロ更新した。「追い込んでいたので、思い切り投げたら出ました」とはにかんだ。

 6回には2四球などで2死満塁のピンチを招いたが、最後は代打・長谷川を一ゴロに仕留め2回1安打無失点とまとめた。「内容は良くなかったが、ゼロで終われたので、そこは良かった」と振り返った。

 高津監督は「スワローズには少ないパワーピッチャー。(速球を)生かしてほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月5日のニュース