ソフトB・上林 教育Lで先発復帰、2戦連続安打「焦らずに打てている」

[ 2020年3月5日 22:32 ]

教育リーグ   ソフトバンク―広島 ( 2020年3月5日    由宇 )

<広・ソ>中前に2試合連続安打を放った上林誠知
Photo By スポニチ

 2月25日からの発熱でA組での宮崎キャンプを離脱していたソフトバンク上林が、先発復帰し2試合連続安打を放った。5日の教育リーグ・広島戦(由宇)に「1番・右翼」で出場。初回先頭でフルカウントからの6球目をコンパクトに叩いて教科書通りの中前打とした。「追い込まれていても、焦らずに打てている。今は球を多く見たいので、積極的よりも、見た球の中で打つのが現状」とうなづいた。3日の3連戦初戦では途中出場で右翼守備に付き、打席では中前打。4日は雨天中止となったが屋内練習場では、ムチのようにしなる両腕から鋭い打球を連発していた。

 7回まで守った右翼守備では反省点も。3回2死一、二塁の場面で、広島の2番・松山の右前打の打球を本塁に2バウンド送球し、二走の生還を許した。「1つ、刺せるのがあった。普通に刺せたと思う。その辺はしっかり修正しないと」。発熱後の残る影響は、鼻水と咳のみ。「もう、のどは痛くない」。完治も復調も近い上林。手応えも上向きだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月5日のニュース