阪神・藤浪 プロアマ交流戦にスライド 実戦4戦目へ「相手どうこうより、自分の投球」

[ 2020年3月5日 05:30 ]

笑顔でリラックスする藤浪 (撮影・平嶋 理子)                                           
Photo By スポニチ

 阪神は、今年初めての甲子園で臨む予定だった広島戦は雨天中止。登板予定だった藤浪は、5日のプロアマ交流戦・大商大戦(鳴尾浜)にスライド登板することになった

 。開幕ローテーション入りへ実戦4試合目に臨む右腕は「(大学生相手でも)ストライク先行ということに変わりはない。相手どうこうより、自分の投球」と意気込んだ。

 当日は矢野監督も視察する予定。前回2月23日の広島戦は3四死球を与えるなど2回3失点だっただけに「今やっていることができれば、いい感じで投げられると思う」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月5日のニュース