ライオンズ命名70周年で「L―train」名選手デザイン車両運行、西武池袋で特別展も 

[ 2020年3月5日 17:58 ]

西武鉄道20000系L-train(エルトレイン)埼玉西武ライオンズ・ラッピング電車のデザイン
Photo By 提供写真

 西武と西武鉄道は、ライオンズ命名70周年に合わせて三代目「L―train」のデザインを変更して運行すると発表した。

 運行は9日からを予定。東尾修氏(スポニチ評論家)ら往年の名選手から現役である松坂ら、多くの選手がデザインされた車両が運行される。

 「西武線アプリ」では、列車の走行位置も確認できる。

 また、池袋、所沢、西武球場前の3駅は、運行に合わせて9日から70周年記念装飾で彩られる。

 さらに西武池袋本店などで「ライオンズ命名70周年記念特別展示 SPIRIT of KING」を開催。黄金期のユニホームや優勝ペナントなどを展示する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月5日のニュース