ヤクルト奥川、苦手克服へバント練習「ちょっとずつうまくなってきている」

[ 2020年1月27日 18:14 ]

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18=星稜)が27日、新人合同自主トレでバント練習に励んだ。バットと目を離さず、球の勢いを殺すことを意識。「苦手だったけど、ちょっとずつうまくなってきている。とても重要なこと。自分の勝敗にも関わってくる」と真剣な表情だった。

 奥川は右肘に軽度の炎症を抱えるため、少なくとも1月中はノースローで調整することが決まっている。2月1日からは宮崎県西都市で行われる2軍キャンプに参加する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月27日のニュース