マエケン 古巣・広島ドラ1・森下にエール 同じ背番号「18」&寮でも同じ104号室

[ 2020年1月27日 05:30 ]

ファンフェスタで取材に応じる前田(撮影・奥田秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 ドジャースの前田が25日(日本時間26日)、ドジャースタジアムでファンフェスタに参加し、古巣・広島のドラフト1位右腕の森下(明大)にエールを送った。同じ背番号18で大野寮でも同じ104号室を与えられたこともあり「あまり僕を意識しないことも大切だと思うし、逆に意識して力にできるなら18番を意識してチームの中心選手になってくれたらうれしく思う。自分の好きな方で頑張ってくれれば」と期待した。

 前田は高卒2年目の08年に佐々岡(現監督)からエースナンバーを受け継ぎ、9勝(2敗)と飛躍。「僕は18をもらったことにより、それを意気に感じて結果を残すことができた」と振り返る。まだ実績もない新人右腕への18番継承。球団内でも議論を重ねた上で決められ、森下本人からは関係者を通じて連絡を受け取ったという。「僕だけの番号ではない。18番をつけて活躍してくれればうれしい。僕と比べられることはたくさんあると思うけど、結果を残せればカープにとって大きいこと。頑張ってほしい」と話した。(ロサンゼルス・奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月27日のニュース