ヤクルト・ドラ1奥川が“新宿デビュー”「人が凄く多かった」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

室内練習場でウオーミングアップを行うヤクルト・奥川
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・奥川(星稜)が「新宿デビュー」を果たした。前日の休養日に同5位・長岡(八千代松陰)とともに電車で向かい、駅周辺を歩いたという。土曜日だったこともあり「人が凄く多かった。ちょっと疲れました。もう観光はいいかなという感じです」と苦笑。右肘の軽い炎症のため、新人合同自主トレではこの日もノースロー調整で「慣れてくる時期なのでもう一回、気を引き締めて一つずつ丁寧にやっていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月27日のニュース