巨人・阿部2軍監督 浦安市の市民栄誉賞第1号「ふるさとで、聖地」

[ 2020年1月27日 11:50 ]

 千葉県浦安市は27日、同市出身で、昨年現役を引退したプロ野球巨人の阿部慎之助2軍監督に市民栄誉賞を授与した。市は2019年度に賞を創設し、阿部氏の受賞が第1号となる。

 表彰を受けた阿部氏は「浦安は帰ってくるといろんな感情が湧いてくるふるさとで、聖地。潮くささが僕は大好きです」と笑顔。内田悦嗣市長は「華々しい活躍と圧倒的な存在感はこれからも浦安市民の誇りです」とあいさつした。

 阿部氏は01年に東京・安田学園高から中大を経てドラフト1位で巨人に入団。首位打者、打点王などのタイトルに輝き、通算2千安打、400本塁打も達成。五輪やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表に選出された。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月27日のニュース