巨人・丸“新丸ポーズ”思案「片手の方が楽なのかな?」

[ 2020年1月5日 05:30 ]

撮影タイムで「マルポーズ」をする丸(中央)。左は岡本、右は井端氏(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・丸佳浩外野手(30)が4日、ホテルニューオータニで開催された新春トークショーに岡本和真内野手(23)とともに出演した。

 丸は「片手の方が楽なのかな?」と、新丸ポーズを思案した。昨年は本塁打後におなじみだった頭の上で両手で円を描くポーズ。撮影タイムに岡本と披露したが、2020年バージョンも考えている。書き初めでは「丸」と一字をしたため「僕自身の名前でもあるし、チーム一丸で戦っていく意味では“丸”がいいんじゃないかと思う」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月5日のニュース