西武・平井、今季は鉄腕封印「登板数より内容にこだわりたい」

[ 2020年1月5日 05:30 ]

ライオンズフェスタでトークする西武の(左から)外崎、平井、駒月
Photo By スポニチ

 昨季リーグ最多を更新する81試合に登板した西武の平井が、鉄腕封印を宣言した。外崎、駒月と埼玉県所沢市内で行われた「選手と親子の集い」に参加。ファンとの交流を終え「今季は(登板)数より内容にこだわりたい」とし「当然与えられた仕事をこなすが、登板数より、勝ち星や防御率にこだわれば自動的に勝利に貢献できる」とした。

 また外崎は「自主トレは二塁を入念に練習する。(南郷)キャンプで“外野も”となれば、それから考える」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月5日のニュース