楽天 森原 新守護神へ名乗り「できることをやってアピールしていく」

[ 2020年1月5日 05:30 ]

楽天・森原
Photo By スポニチ

 楽天の4年目右腕、森原が新守護神に名乗りを上げた。

 昨季はセットアッパーとして64試合で4勝2敗、29ホールド、防御率1.97という好成績を残した。昨季のセーブ王・松井が今季から先発に転向。クローザーのポジションが空席となり「もちろん狙っていく。起用法は首脳陣が決めることだけど、自分はできることをやってアピールしていく」と宣言した。

 守護神候補としては前ドジャースのシャギワが入団に合意。勝ちパターンの救援投手候補もブセニッツや宋家豪(ソン・チャーホウ)がおり、競争は激しいが「やることは変わらない」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月5日のニュース