DeNA・今永&京山 米国での自主トレから帰国 レッズ・バウアーと食事し刺激受ける

[ 2019年12月23日 17:18 ]

自主トレーニングを行っていた米国から帰国したDeNA・今永(右)と京山
Photo By スポニチ

 DeNAの今永昇太投手、京山将弥投手が23日、自主トレーニングを行っていた米シアトルから成田空港着の航空機で帰国した。

 トレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」や近郊のジムで約2週間、トレーニングに励んだ。現地ではメジャー通算70勝を誇るレッズ・バウアーと食事をともにする機会にも恵まれたという。今永は「いろいろな選手との出会いがあった。バウアー選手は、シーズン中にフィジカルが疲れると体が動かなくなって打たれるので再現性が大事とおっしゃっていた。再現性を意識するトレーニングをしてきました」と刺激を受けた様子。京山も「米国自体が初めてで、初めてのことばかりだった。今永さんとトレーニングできたのが収穫です」と充実の表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月23日のニュース