ソフトB千賀 1・4億円増の3億円で更改「最大の評価をしてもらった」

[ 2019年12月23日 14:32 ]

<ソフトバンク契約更改>アップ更改に笑顔を見せる千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの千賀滉大投手(26)が23日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸1億6000万円から1億4000万円増の3億円プラス出来高払いでサインした。(金額は推定)

 「最大の評価をしてもらった。来年1年、責任感を持って過ごす覚悟というか、過ごさないといけないと思った」

 交渉の場ではポスティングシステムでの米メジャー挑戦についても話したことを明かし、「気持ちは変わっていないので、気持ちを伝えさせてもらった」。

 今季は1年間ローテーションを守り、13勝8敗と4連続2桁勝利を達成。キャリアハイの227奪三振で初の最多奪三振のタイトルを手にした。また、初のベストナインとゴールデングラブ賞にも選出された。「濃い1年を過ごして、良い経験ができた。でも、リーグ優勝ができなかったことを悔しく思う。1年ケガなく回ってきた分、余計に悔しい」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月23日のニュース